代表あいさつ

 私がフードバンクを立ち上げることになったのは、三芳町社会福祉協議会主催の「次世代を担う子供達の支援検討委員会」へ参加し、子どもの貧困問題に接したことでした。

 自分にできることを模索し、2019年7月にフードバンクを立ち上げましたが、活動をどう進めたらいいのか手探りする中、埼玉県が「フードパントリー」の立ち上げ支援をしている情報を得、2020年4月から「フードパントリーみよし」を開催する運びとなりました。

 現在は、特定NPO法人セカンドハーベスト・ジャパン様にご協力いただき、ひとり親世帯等に毎月食料品を配布することができています。

今後は多くの方々に子どもの貧困問題をご理解いただき、フードドライブに参加いただいたり、子ども食堂や学習支援に協力するなど、地域の皆さん、事業者の皆さんが自分たちにできることをそれぞれ実践していき、セーフティーネットの輪を広げていければ、と考えております。

​              2021年1月  代表 武山 睦子

小松菜.jpg

​​趣旨

 食べられる食品が何万トンも捨てられる一方で、

朝ごはんも  食べずに学校へ行く子どもがいます。

特に厳しい生活を送っているのがひとり親世帯。

  フードバンクみよしは必要な世帯に必要な食糧が

届くセーフティーネットの仕組みづくりを

目指します。

フードバンクみよし


一般社団法人 睦月会

(株式会社 上板塑性)代表 武山睦子

イラスト.png

​フードバンク活動

フードバンクとは、安全に食べられるのに包装の破損や過剰在庫、印字ミスなどの理由で、流通に出すことができない食品を企業などから寄贈していただき、必要としている施設や団体、困窮世帯に無償で提供する活動です。

Soup Kitchen

​協力団体 etc...

<団体>

NPO法人フードバンクネット西埼玉

​特定NPO法人セカンドハーベスト・ジャパン

三芳町社会福祉協議会

​埼玉フードパントリーネットワーク

<企業>

アイムライズ株式会社(東京都北区)

​・・・食品ロス削減に取り組む総合卸売企業

ピックルスコーポレーション株式会社

・・・野菜の元気を、お届けします。 

当団体の活動

​みんなの笑顔が原動力